ぽちぽちぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 布団干しと羽根布団

<<   作成日時 : 2007/09/06 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

うちは陽の当たる時間が短いです。
気温が高い真夏なんかはそれでも干せば
短い時間でもなんとかなるんだけど。
…その時間に起きれないでいて、暑い時期を逃してしまった。

なかなか布団が干せないので布団乾燥機と掃除機で頑張っているんだけど。
以外と掃除機かけるのがしんどい。汗だくになる…。
乾燥機のシートのセットとかもめんどくさい。
基本的になんでもかんでもめんどくさがり屋なので、
一気に乾燥できないかと、何枚か重ねてやってみた。
そしたら掛け布団側が重たすぎて送風するシートが膨らんでくれない。
足元のほうまで熱風がいかないでストップしちゃう。
だから何枚も一気作戦は失敗。
だからやるときは、一日がかりで、とっかえひっかえになる。
それを思うと、あーめんどくさい、と思ってなかなかやらなくなっちゃう。
外で布団ほせば一気にズラ〜、と干して叩いて終わり、なのにと。
毎日少しづつやればいいじゃん、ということも
もともとのなまけモノ病が出て、少しづつということができない。
んでもってだんだんやらなくなっちゃうのだ;

前に羽根布団7点セットで1万円!というのを通販で買った。
羽根ぶとんだと、ひなたに干さなくていいと知って。
夏がけ、冬がけ、敷きふとん、まくら、まくらカバー、シーツ1枚、毛布一枚。
届いたものは、すごい小さな箱だった。
開いたら膨らむのかな〜、と思ってたら。

それがぜんぜん。
ぺったんこなお布団。毛布もペラペラ。
こんなの真冬なんかこんなんじゃ寒くて寝られない…。

夏がけなんか、なんなのこれ、包んでる布しか無いんじゃないと思うほど。
羽根布団って羽が中で偏らないように、キルティングみたいに
細かく小分けして縫ってあるよね。20センチや30センチ四方くらいの大きさに。
電灯に透かして見てみたら、そのひとつのブロックに、
羽毛がタバコひと箱くらいの分しか見えないんだよね。
透けてみえるほど、まわりの布地も薄いのもこれまた;
そしてその布のすきまから、よく羽根の芯が飛び出できて、チクチク痛いんだ…。
羽根ぶとんの羽根って白いのだと思ったら、黒いのが出てくるんだよね…。
一体これ、何の鳥なんだ!?
羽根ぶとんの中の羽根もいろいろあるらしいね。
知らなかったよ〜;
やっぱり、安いものはそれなりの理由があるんだね。
ちなみにカタログ通販で超有名な会社でした。
テレビショッピングとかでもやってたような記憶があるけど
もしかしてそれもおなじようなものなのかもしれないな。
だって羽根ぶとんってフルセットだと何十万円っていうイメージかあったしなあ。
(それは催眠商法だけ?)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
布団干しと羽根布団 ぽちぽちぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる